ホーム > プレスルーム > 東京オリンピック「招致ロゴ」について

プレスルーム

メディア・プレス関係の方へ

こちらは報道関係者専用ページになります。

プレスルーム

東京オリンピック「招致ロゴ」について

プレスルーム

 (特非)東京オリンピック招致委員会は、このたび、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得て、申請都市として招致活動に使用する招致ロゴを策定いたしました。今後、ポスター、ピンズほか各種の招致ツ―ルで使用していく予定です。

<招致ロゴ>

デザインコンセプト 「MUSUBI(結び)
デザインモチーフ  「MIZUHIKI(水引)

 スポーツと文化を結ぶ。都市と環境を結ぶ。子どもたちと未来を結ぶ。テクノロジーと心を結ぶ。日本と世界を結ぶ。地球と平和を結ぶ・・・。東京オリンピックの招致ロゴは、東京都の「第31回オリンピック競技大会開催概要計画書」が謳う「つなぐオリンピック」のイメージから着想し、「結び」をテーマに開発しました。
 「結び」は「生命を生み出す新たな魂」を意味し、日本文化は、古来より新しいものが生まれてくる場を、「水引」と呼ばれる飾りひもを結び祝福してきました。東京オリンピック招致ロゴは、この日本の伝統と心とオリンピックの精神を結んで生まれたものです。2016年の東京オリンピックにより、新たな価値を創出し、都市と地球の未来を拓き、次代を担う子どもたちに引き継ぐことを願い、水引のモチーフにオリンピックの5色を重ねて表現しました。

<招致ロゴを使用した今後の活動>

今回の招致ロゴは、国際オリンピック委員会(IOC)の規定により、「申請都市」期間中に国内においてのみ使用することとなっています。2008年6月のIOCによる「立候補都市」選考により、東京が正式に立候補都市(Candidate City)となった際には、オリンピックシンボル(五輪)を組み合わせたエンブレムに変更される予定です。

招致ツール: ポスター、リーフレット、のぼり、ピンズ、クリアファイル、付箋、ハンドタオル、うちわ等
※ 今後適宜、新ツールを開発する予定。
ディスプレー: 東京都庁第一庁舎(2階玄関ホール)、東京国際フォーラム(有楽町)ガラス棟で当面掲出予定
※ このほか、掲出場所を適宜追加予定。

(東京国際フォーラム・ガラス棟 掲出イメージ)

<招致ロゴを使用した今後の活動>

1 招致ロゴは、国際オリンピック委員会の承認を得て、特定非営利活動法人東京オリンピック招致委員会が制作し、著作権を有しています。
2 東京オリンピック招致委員会の許可なく、招致ロゴの商業的使用はできません。

<報道における招致ロゴの使用について:注意事項>

1 招致ロゴは、東京オリンピック招致に関する報道記事においてのみ利用できます。商業的な使用や報道以外の目的に使用することはできません。
2 招致ロゴは、変形、分割したり、他のマーク・ロゴ等と合成することなく、データに基づき、正確に再現してください。

以上

全文はPDFファイルをご覧下さい。



【本件のお問い合わせ先】
(特非)東京オリンピック招致委員会
事業・広報部門:青田浩治・鈴木研二  電話:03-5320-2016  FAX:03-5320-2017

» PDF ダウンロード(43KB)